お菓子と台風19号

ナッツとドライフルーツのお菓子フレーク状

 

台風19号襲来でヒマだったため、前回アップの『ナッツとドライフルーツのお菓子』と同じものですが、今回は固めないバージョンを作ってみました。固めるのが面倒臭くなり、フレーク状のままボトルに入れ、食べる際に適量を取り出すスタイルにしたら、超ラクでした。固めると胡麻団子のようでしたが、フレーク状だと、ちょっと違った雰囲気になりますね。

でも、いただく前に、一緒に盛り付けている生クリームのホイップ&マスカルポーネチーズとナッツ&ドライフルーツは、混ぜ混ぜして一体化させます。今回、生クリームの方には少々お砂糖(ラカントS液状)を入れて甘く仕上げています。
10月は大好きなタルト屋さんが、私が最もお気に入りのナッツとチョコとカシスのタルトを期間限定で販売する月なのですが、それを食べ過ぎないようセーブするため、ちょっとだけ似たようなものを試作している感じです。健気でしょ。


さて、台風。前回の15号の時は、近所の電柱が折れていたり、壊れたものをたくさん目にしていたため、ショックでした。うちには直接被害はなかったのですが、驚くしションボリ気分になった。今回の19号はもっと大きくて恐ろしいとのことでしたので、1週間くらい前から、帰り道でちょこちょこ非常用のものを買っていました。以前から用意してあるものもあったので、缶詰・コンビーフ類・レトルト食品や乾電池を少しと、45リットルのゴミ袋とか、そんな程度。食品は、前々日にお肉と野菜をいつもより少し多めに買ったくらいでしたが、前日のスーパーでは生鮮食品もかなりの品薄でしたので買っておいて助かりました。

養生テープも、何年か前に購入したものがあったので、窓に貼ってみました。戦時中みたいな窓になる(笑)。浴槽にお水も貯めておきましたが、これも日常。いつもやってる。飲料水は、たまたまケータイ会社のポイントが貯まっていたので、それでミネラルウォーターを買ったばっかりでしたので潤沢でした。45リットルくらいあるっす、今(笑)。すっかり忘れていて、買えなかったのは、卓上コンロ用のカセットガスボンベです。とか思っていたのですが、一応新品が5本あるから十分かも。今回、本当に足りないと思ったのは、レインウェアのズボンでした。レインコートはあるのですが、台風の時の避難時にはズボンも必要なのかな?と。

お水や食品は普段使い用に結構回しておりまして、特に非常時用としないようにしています。いつも多めのストック状態にしている方が、私の場合無駄にならないので。乾電池も同じです。でも最近、乾電池はそんなに出番が多くなくなりましたので、回転率が下がっています。カセットコンロ用のガスボンベは、冬場に友人を呼び鍋料理などして回転させています。

そんな風に少々の準備もしていたのですが、いざ「避難所には何を持って行く?」という場面になってみると、取捨選択が難しいということも今回勉強になりました。私、コールマンの可愛いピクニックマットを避難所用に用意していたのですが、そんなもの荷物が多くて持って行けないわぃ。缶詰もフォアグラパテ&リッツ保存缶とかもあって、リッツパーティー開いて沢口靖子さん(古)を呼びたいくらいになってた、避難所で。あとは、ツナ缶・オイルサーディンとコンビーフばかり。やっぱり、リッツパーティー開こう(違)。

あ、でも、お弁当用などに使える小分け袋入りのミニ醤油も用意してます。これは、なかなかイイんじゃない? お醤油があれば、だいたい何でも美味しく食べられる。女優の名取裕子さんも、何かひとつ無人島に持って行くなら?の質問に、「お醤油」とお答えになっていたそうな。確かに、獲った魚も摘んだ葉っぱも、お醤油さえあれば美味しく食べられそうな気がしますものね。

……。
なんだか、呑気な人みたいになってしまって、すみません。全然、何事もなく無事でしたので、お菓子などを作っていましたしね。
今回も、友人たちが各地からメールやお電話などくださり、心配してもらっちゃいました。ありがとうございます。本当に心強いです。嬉しいです。

台風が去ったら、金木犀の香りが漂っていますよ。いい香り。うちの家族の間では、2号のことを思い出す香りです。1号宅は、翌朝まで停電で大変だったみたいだけど、今は復旧して大丈夫のようです。3号は相変わらずのマイペースですが、無事みたい。まあ、そんな感じです。結果オーライです。何それ? まあ、いいか。

 

| | Comments (0)

誘惑の味

20190915_1

 

ナッツとドライフルーツのお菓子。
今回も糖質控えめの、ラカントS液状を使用しました。そんな真剣に糖質制限をしている訳ではなく、購入したラカントS液状の使い道を何とかしたくて、手探りしながら作ってみたという道のりの料理です。

美味しかったので、レシピ覚書。毎度のことながら、ざっくりレシピですよ。ごめんなさい。おおよそ同じ量にしているのは、いつもの自分が通り覚えやすさからッス。大雑把な性格が表れておる!

【材料】
メイン食材は、無塩素焼きアーモンド50g・有塩カシューナッツ50g・ドライフルーツ50g。
調味料として、無糖ココアパウダー大さじ1・ラカントS液状大さじ1(なければ大さじ1の砂糖と少量の水)・バニラービーンズ漬けラム酒大さじ1(なければバニラエキストラクトとラム酒。どちらもなくても大丈夫)。お好みの香辛料少々(なくてもOK)。
付け合わせに、マスカルポーネチーズかホイップした生クリーム、フルーツなど。

【作り方】
[1]アーモンドとカシューナッツをフードプロセッサーで粗めに砕く。
[2]そこにドライフルーツ、コアパウダー、ラカントS液状、バニラービーンズ漬けラム酒を加え、フードプロセッサーでさらに攪拌。お好みの香辛料があれば、一緒に入れる。
[3]ラップを敷いた上に、セルクルなどの型に詰めて固め、ラップで包み冷蔵庫で1~2時間冷やす。
[4]マスカルポーネチーズ、またはホイップした無糖の生クリームを添えて完成。


ワタクシは、クローブとかオールスパイス系の香りが好きなので入れています。シナモンもいいかも。ナッツは、他にクルミやマカデミアナッツなど、お好みをお加えても大丈夫。
ドライフルーツは、今回レーズンとクランベリー、プルーンを使用しました。ドライフルーツは、だいたい何でも大丈夫な気がします。でも、ジャリジャリするほど加糖されたものの場合はラカントS液状(お砂糖類)は加減してくださいませ。それから、すべて無塩のナッツをお使いの場合は、ほんのひとつまみのお塩を加えると、味に奥行きが出て美味しくなるかと思います。

我が家にあるセルクルは大きめでしたので、今回プチっぽさを出したかったため、クッキー型の上の方、反対側を利用してギュウギュウ詰めました。シュガー用のスプーンがギリギリ入る感じでセーフでして、チマチマと詰めました。型がなくても、ラップでまとめてギュっと絞って丸くする方式でもよいかと思います。

こちらお菓子としてご紹介しておりますが、シャンパンやワインと一緒にいただきたくなるような誘惑のお味です。よろしかったら、お作りになってみてくださいね!

 

| | Comments (0)

台風15号とコーヒーゼリー

コーヒーゼリー

 

台風15号、けっこう大変でしたね。ファクサイとか名付けられていましたが、白菜か(違)。うちの近所では電柱が1本、真ん中辺りから折れてしまったのですが、まだそのままです(送電用の電柱ではないようです。停電はない模様)。その道はずっと通行止になっています。でも、もっと被害の大きかった地域から優先的に直していただくべきかと思いますので、しばらくは仕方なし! 台風の影響については、私の場合、通勤に苦労した程度で全く問題ありませんでした。
 
それにしても大きな被害が出た地域の皆さまのことを思うと、胸が潰れそう。台風が過ぎ去った直後から、O号と「お気の毒過ぎるね」と、話していました。直後は気温の高い日が続いたこともあり、本当に心配です。神奈川に住む友人宅も2日間停電していたそうです。3号が暮らすマンションは、翌朝テレビと電話が通じなくなっていたようです。今でも停電や断水、家屋の損壊などで大変な思いをされている方が多くいらっしゃり、とてもご不安かと思いますが、1日も早く元通りの生活に戻れるよう、心からお祈りいたします。頑張ってくださいね!

8月の終わりに、ご無沙汰していた佐賀在住の友人へ洪水のお見舞いメールをお送りし数日やり取りをしていたのですが、その友人からも台風を心配してくださるメールが届きました。嬉しかった。「私たち、こんな時ばかりの連絡になっちゃってごめんねー」なんて言い合っていましたけれど、気にしてくださるだけでも、心強いってもんです。ありがとう!
 
……。

話変わって、写真です。コーヒーゼリー。コーヒーゼリーを食べたのなんて、いったい何年ぶりだろう? 

食後に何かちょこっと甘いものが食べたくて、葛餅やアイスクリームなどに手を出していたのですが、いい加減やめなくては!と心を入れ替えると決意。それでコーヒーゼリーを作りました。ココロ、入れ替えてないだろうッてな気もしますが、甘味料はラカントS液状というものにしました。気休めでしょうか。そして器も小さめのものにして、気休めをなんとか「気休めない」にしたいという心意気です。
 
あぁ、でもコーヒーゼリー、美味しかった! 初めて使いましたが、ラカントSでも美味しかった! 写真は、生クリームを上からたらしたのですが、ずべて下に流れ落ちてしまっていますね。生クリームのせいで、ゼリー上部が薄っすら濁ってしまっている。でも気にしなーい。





 

 

| | Comments (0)

横浜 vs 山口


コーンムース  

俳優の横浜流星さん。お名前が芸名っぽいし、もっと言うとジャニー喜多川さんが名付けそうなレベルと感じていましたが、なんとご本名だそうです。すげー、スゲー。カッコ良過ぎるでしょ。名前の方は名付けでいろいろ何とかなるでしょうけれど、苗字は選べませんからね。横浜って、アナタ、カッコイイ地名ですよ、誰がどう見ても。

いやいや、ワタクシだって苗字は地名ですよ(張り合うな)、山口わごむ。横浜みたいに、『市』ばかりじゃなくて、『県』&『市』だからな! 広いぞ、面積。んでも、財政状況については比較しないでいただきたいけれども。てゆーか、勝てる気がしないけれども。てか、山口県には行ったことさえないけれども。でも、頑張って山口の味方はしたい(誰もケンカしてないぞ)。

話が戻りますが、横浜流星さんはご出身も横浜だとか。横山剣さんでさえ、羨ましがりそう。山口県にさえ行ったことがないワタクシとは、格が違いますわね。まいりました。いつか、山口県へ遊びに行きたいと思います(趣旨ズレズレ)。

さて、写真は質素な朝食風景。コーンのムースとライ麦パンだす。後ろに、超みずみずしかったけれども少々すっぱいブドウ。パンはライ麦入りのバケットかな? 普通のパンにライ麦が混じっている程度のパンです。ライ麦パンのテイストではなかった。でも乗っけたコーンムースが甘くて、一緒に食べたパンごと美味しかったです! ごちそうさまでした。

以上、物凄く内容に一貫性がなく申し訳ございません。



| | Comments (0)

清潔 フキンをどうするか

先週はずーっと外食や、ある日はお弁当を買ったりして、全く料理をしませんでした。しかも1週間のうち、4日もハンバーグ系でした。おかしいぞよ、コレは。でも、久しぶりに、ちゃんとしたハンバーガーもいただきましたわん。ファストフードじゃないタイプの。美味しかった!

そんなワケで、自宅のガスコンロもほとんど使わず。使ったのは、フキンの煮洗いくらいでした。写真は、煮洗い後の冷ましているところ。そんな画像、要らんわぃッ。そういえば我が家には洗濯用のホーローのたらいがあるのですが、収納している場所から持ってくるのが面倒臭くて、キッチンに置いてある「野菜洗い用の洗い桶」で煮洗いすることが、すっかり定番になっています。

一時期、煮洗いが面倒臭くて(週1回ってだけなのに!)、塩素系漂白剤を使っていましたが、驚くほどの速さでフキンがボロボロになるため、やむなく煮洗いに舞い戻る。粉石鹸と酸素系漂白剤で10〜15分ほど弱火で煮沸(いまネットで検索したら、「20〜30分煮ます」とあった! でも、そんなに待てない)。結構マメにカネヨのフキンソープで洗っているのですが、それで落ちない汚れは煮洗いでも落ちませんよね(笑)。仕方ないから、部分的に塩素系を照射して(キッチン泡ハイター)、ほんの1〜2分待って急いですすぐ。急いでいるのは、生地の傷みを最小限に抑えるためです。ちなみに、フキンの種類は食器用、調理用、テーブル用の3種類。

何年も前から、フキンは使い捨てのペーパータオルを使っている方々が多くいらっしゃることは知っていました。特に台拭きは廃止して、キッチンペーパーでアルコール消毒されているご家庭も多いかと思います。私もキッチン用アルコールスプレーは、清掃用にJM(ジェームズマーティン)と、食品用にパストリーゼ77を使っています。ひとつでイイじゃんと思っていながらも、何となく分けている。その上、アルコール度数65%のJMに不足を感じ(だってパストリーゼは77%だから)、こっそり無水アルコールを混ぜて度数を上げています(自己責任で)。

でも、何故だか水拭きフキンでテーブルとかを拭きたい気持ちが消えません。古い人間だからでしょうか。調理用フキン(うちはサラシ)も、今は洗えるキッチンペーパーという優れモノがありますけれど、薄いし切り取りミシン線ですぐ切れるので調理中の汚れたら裏返し、たたみ直し的なことができず、しょっ中洗い続けないとならない不便さに代用アイテムにはならず、結局布に戻るという感じ。布製フキンやサラシ(好きなサイズにカット可能)に比べて、調理中のものを漉すときにサイズが足りないという不便さも感じてしまう。

そのような経緯から、布製フキンから離れられない。というか逆に、昔はなかったアルコール消毒も加わり、アイテムが増えて手間がかかると思ってしまいます。なんだか面倒くさい! 清潔は憧れるけれど、できる範囲のことしかできないし、それでいいやッと思っています。わざわざ疲れるよりも、そこそこで安らぎと健康を。毎日、外食や中食でもいいのさ!(そこかよッ)。

(でも、皆さまはどうなさっているのか、やっぱり気になったりもするw)

 

 

フキン煮洗い中

 

| | Comments (0)

えだまめ2019

お父さん枝豆2019
 



先月末の話ですが、お父さん農園(家庭菜園)の枝豆が、今年もたくさん届きました。どのくらいたくさんかと言うと、直径20cmのステンレス製ザル山盛り4杯分くらいです。今年は豊作だったそうですが、それにしたって「どんだけ、持ってくるのか」というほどの量。でも枝豆、大好物なのでペロッと食べちゃう。恐ろしい。

大好物だから嬉しくて前向きに頑張ったのですが、やっぱり大変。何が大変って言ったら、こんなに大量だと洗うのが大変。野菜洗い用の洗い桶に放り込んでザブザブと水洗いをするのですが、スーパーで売られているものと比べたら、土やら葉っぱやら汚れが多く付着しております。何度も何度も水洗いして、きれいになったら塩もみ。ワタクシの手の指紋は、すっかり薄くなってしまいました。つるつる。

でも採れたて新鮮な枝豆は、甘みがあって香りもよく、とっても美味しかった。そのうえ粒も大きくて、食べ応えがありました。写真は茹でたての枝豆。あぁ、お父さん、O号、毎年どうもありがとう。ご馳走さまです。

 

※写真の器、一瞬「欠けてる!」とアセりましたが、これは片口なのでした。ホッとした。お気に入りの益子焼でしたので。テヘヘ。


 

| | Comments (0)

國村隼さん

レンズ豆


ドラマ『サイン』を見ながら、主演の大森南朋さんが人手&予算不足で大変そうにしていると、『監察医 朝顔」の上野樹里ちゃんに手伝ってもらえば? と、思ってしまう。司法解剖と行政解剖では、管轄が違うのでしょうけれど、きっとできるはず。てなことは多くのドラマウォッチャーが思っていることだろう。

さて、そんな『サイン』に出演中の松雪泰子さんだが、このドラマでの台詞回しが國村隼さんに似ているのだ。こんな話、誰にもご賛同いただけないだろうけれども、松雪さんが出てくるたびに私の脳内では國村隼さんが浮かび上がってきてしまうほどなのだ。

さらに、もうひとつ、誰にもご賛同いただけない自信がある話で、私は國村隼さんのお顔が実は可愛いということに気付いている、というものがある。もう、かなり昔から、おそらく10年以上前から気付いていたのではないかと思う。どう可愛いかと申しますと、黒目が大きいのです。目が可愛いのです。どんな可愛らしさかと申しますと、それはまるでギズモ(モグワイ)のようなのです。映画『グレムリン』のギズモです。

ギズモと國村さんの写真を比べてみると、ぶっちゃけそんなに似てはいないのだけれど、國村さんの目をご確認いただければ、その黒目がちな点はご納得いただけよう。アクの強い役柄が多かったせいか、「三白眼の冷血そうな目」と思い込みがちだが、よくよく注意を払って見てみると、実は黒目が大きく可愛いのである。三白眼だと信じていた人が実は黒目がち、というギャップも手伝ってより可愛く感じる、これはゲインロス効果であろう。

そういえば、松雪泰子さんの話が中途半端な気がするけれど、特にこれ以上の続きはありません。念のため、そっと小声でしゃべると似ているのかと思い、ドラマ『Mother』を少しだけ確認しましたところ、そこに國村隼の面影はなかった。芦田愛菜プロが、とにかく可愛いだけでした。蛇足ながら、9年前のこのドラマでは尾野真千子さんと綾野剛さんが、まだまだチョイ役っぽい虐待するダメ母とその彼氏役でご主演しておられます。


※写真はレンズ豆で國村隼さんとは関係ありません。



| | Comments (0)

3種のレタスのサラダ

3種のレタスのサラダ  

 

ウチの近所のスーパーで長年の間、紀ノ国屋(スーパーマーケットの方です)の『チーズストロー』というスティックパイを売っていたのですが、昨年くらいから見かけなくなってしまい、少し寂しく思っていました。シンプルなお味にピリ辛のアクセントで、美味しくて大好きだったので。でも最近、別の近所のお店でゲットできることを知り、内心で小躍りしながら買って帰りました。小さな幸せ。近所で買えるという点が、ものすごく大きな安心感だったりします。大袈裟か? でも、おやつとしてもイケますし、ホームパーティーの時にディップと共にお出ししてもイイ感じで素晴らしいの。

関係ないのですが、紀ノ国屋のイギリスパンというのも、小学生くらいのころのお気に入りでした。母が自宅で食パン作りに熱中していた時期があり、まぁまぁ美味しかったのですが(特に焼きたて)、たまには紀ノ国屋のイギリスパンもまた食べたいなぁと思っていたことは母にはナイショです。当時、自宅でパン作りをする際には、わざわざ表参道(青山)のアンデルセンまでイースト菌を買いに行ってました。あぁ、懐かしい。そんな青山アンデルセンも、もうないけれども……。

大むかし、青山アンデルセンの近くに、イル・フォルノというイタリアン・レストランがあり、そこにもよく行っていました。もともとは六本木にあったお店に行っていたのですが、表参道に出店してからは行きやすさでそちらへ。その後は色々と支店を増やしたり、よその外食系会社になって味落ちたり、色々しながら、今はヴィーナスフォートにお店があって、そこはむかしの味がまだするお店です(多分)。イル・フォルノのシーフードサラダが大好きでした。

思い出話ばかりに……。お恥ずかしい。

さて、写真はただのサラダです。こんなことなら、シーフードサラダにすればよかったのに、後の祭りですね。テヘヘ! でも、このサラダも美味しかったですよ。中身は、3種のレタスと、トマト、キウイフルーツ、ブラウンマッシュルームです。ドレッシングは、ガーリックで香り付けしたオリーブオイルでビネグレットしたサッパリ系でした。キウイはわりとサラダのメンバーに入れてしまいがち。酸味強めのグリーン系キウイは、そのままフルーツとしていただくよりも、ビネグレットしたサラダに混ぜ込んだほうが甘みが増して感じられ美味しい気がします。よろしかったら、お試しになってみてくださいね。

 

 

| | Comments (0)

ヒラメのカルパッチョとニンニクの皮剥き

ヒラメのカルパッチョ
 

 

お刺身用のヒラメでカルパッチョ。ヒラメの下には、ルッコラの茎部分とプチトマトを刻んだものが敷いてあります。ヒラメは身が引き締まっていて、コリコリと美味。家庭菜園でお父さんが収穫したガーリックで香りづけしたオリーブオイルでマリネしたので、トロッと甘いお味。トマトも甘くて美味しかったです。最近のトマトは、糖度がどんどん上がっているような気がしますが、どうなんだろう、実際のところは?

O号が2日前にお父さん菜園で収穫されたニンニク、玉ねぎ、ジャガイモ、キュウリ、大葉を届けてくれていました。ニンニクは毎年開いてしまっているのだけど、味に変わりはなく大きくて立派で良い香りです。今日はせっせと薄皮を剥いた状態にして、冷凍保存。薄皮剥きが上手になった気がします。ニンニクは半分くらいを、ご近所の友人宅へお裾分け。

黙々とニンニクの皮剥きをしているとき、ちょっと楽しかった。ただ、ひたすらに薄皮を残さずきれいに剥くことだけ考えて、他はいっさい考えずにやっていたので楽しかったのかも知れません。やっているうちに、工夫したりコツを覚えたりする過程が楽しかったとも言える。なぜだかよく分からないのだけど、幸せを感じたのですよねぇ。こんなコトに(笑)。不思議でしょう?

 

| | Comments (0)

残り物Photoで失礼します


餃子の皮のチーズ包み揚げ

餃子の皮のチーズ包み揚げ。お皿に山盛りありましたが、写真は食べ切れなかった残り物です。影が大きく写っているので、お皿の余白部分が紛れ「残り物感」が薄れてラッキー。

中身はクリームチーズをメインに、削ったパルミジャーノレッジャーノとピッツァ用の細切りプロセスチーズです。餃子の皮をパタッと二つ折りにして、ギャザーも寄せずに端っこを閉じただけのスタイルにしました。本当はもっと小さめの一口サイズが好きなのですが、面倒だったので市販の餃子の皮そのままサイズで。

こんな居酒屋メニューなのに、ノンアルコールでおやつとしていただきました。サクサクで美味しい! クリームチーズを使うと、冷めてもチーズのポソポソさがあんまりなく、なかなかイケます。

 
 

| | Comments (0)

ドライフルーツのチョコレート


ドライフルーツチョコレート


お土産でいただいた、岡山やら瀬戸内のドライフルーツチョコレートがたいへん美味でした。チョコ部分は軽くクランチ仕立てで、サクサクしている。見目も美しく、岡山方面のお土産事情がかっこ良くなっていると、うっとりしました。「ネットで買えるのかな?」とか「東京のどこかで買えるのかな?」なんて思ってしまいましたが、簡単に入手できると知れば爆買いしてしまいそうなので、調べないことにしました。

でも、この蒜山ショコラ、世界中の皆さまにも知っていただきたいと思う。美味しいから、皆さんのお気に入りになること間違いなし。また食べたいので、岡山へ行きたいほど。


ドライフルーツチョコレート




» Continue reading

| | Comments (0)

10連休

ムーミン谷

仕事がんばって、10連休。カレンダー通りの10連休なんて、生まれて初めて。すごい、すごい! でも、大したことはしていません。予定通り、のんびり過ごしています。

平成の最終日、雨でしたけれど遠足気分でムーミンバレーパークに行きました。前月オープンした場所です。雨だから、人出は少なかった方かと思いますが、結構な行列具合。雨で入場中止のところもいくつかありましたけれど、良い感じにムーミン谷が再現されていたと感じました。それに雨雲でどんよりしていた分、ムーミン谷っぽかった気さえします。
 

 

20190430_2
  
 

カフェやレストランも満席で、予約のリストに登録しようと思ったら240分待ちでした。「もう、その頃ワタクシたち、池袋でピッツァ食べているから!」と言いながら、空腹で去る感じ。それも、また楽し(負け惜しみ)。ぐるっと歩いて、雨の湿度ではぁはぁしながら、ショップエリアに戻りました。往きの電車では、「北欧食器、買いまくっちゃったらどうしよう?」というワタクシの発言に、「大丈夫。われわれが荷物持ちしますよ」と、心強い言葉で背中を押してくれた手下ども(子牛番長とキョンくん)だけど、最終的にショップで探していたのはお菓子のサルミアッキ。フィンランドのリコリス菓子です。食べたことがないというキョンくんのために探していたのだけど、なんにも知らないキョンくんが一番一生懸命探してくださって、なんだかごめんなさい。結局サルミアッキは売っていませんでしたけれども、キョンくんのお優しさに感動しました。てゆーか、サルミアッキ見つからなくて良かった。あんな優しいキョンくんに、変なもの食わすところだったわ。

その後、3人で予定通りピッツァ。デパートのレストラン街にあるお店でした。表参道にあるお店の支店でしたけれど、美味しかったですけれど、微妙に、本当に微妙に、サービスがダメでした。デパートにお店を出すということは、そんなにことなることなのか?と、ちょっと考えた。デパートのせいではないと思いますけれど。

その3日後、同じメンバーで自宅ご飯会。仲良しかよ。『きのう何食べた?』というドラマで見た、サワークリームと明太子を和えたディップを作成。先日のムーミン谷の時、「ドラマであのディップ、赤ワインと合うとか言ってたけれど、魚卵とか無理でしょ、赤ワインで」みたいな話をしていたワケですよ。「キャビア出されても、絶対に赤ワインと飲まないでしょ?」みたいな。それで、『きのう何食べた?』のその回を流しながら、サワークリームと明太子のディップをバケットにたっぷり塗って、3人でボルドーの赤ワインとともにいただいたんですのよ。「どうしよう? 生臭くて吐きそうになったら」って思いながら。

そしたら、全然生臭くなく、むしろ美味しい。不思議なくらい美味しくて、「ドラマ、嘘じゃなかったね」って、3人で子供のように、「よかったね」「美味しいね」「どんどんイケるね」と、そんな風になりました。サワークリーム、なんだかスゴイね。発見! ドラマ『きのう何食べた?』も面白いし、いいね。もっと料理シーンを見せて欲しいけれど。ごちそうさまでした!

 
 

| | Comments (0)

お風呂用洗剤

夏の味だー!
 
 

写真はタコとキュウリ、ミョウガ、ワカメの和え物。ポン酢と青じそドレッシング、その他で和えてます。夏の味だー! とか言いつつ、本日は最高気温が13度と、肌寒いじゃありませんか。一昨日は25度くらいあったのに、どういうことですか。一昨日作ればよかったですよね。

ところで先月は、仕事で帰宅が遅くなる日が続き、23時半過ぎに泣きながらお風呂を洗ってお湯を張って入浴して、寝るのが1時半くらい……、みたいな生活をしておりましてココロがすさんでおりました。そんなとき、電車内のモニター『トレインチャンネル』と言うらしいですが、そこに流れていたバスタブクレンジングのCMに目が釘付けとなりました。お湯を抜いたバスタブに、シュシュっとスプレーして60秒待ち、その後はサーっとシャワーで流せばOKというお風呂用洗剤です。ウチ、テレビがないもので、そういう新商品(?)情報に疎いのですが、やっと知って早速購入。

でも買った途端に仕事が落ち着いちゃって、早くに帰宅できる状況に。どんなもんだろう?と、早くバスタブクレンジングを使いたいなぁと思っていたのですが、忙しい時の応急の対策として使おうと思っていたため、機会が訪れず。差し迫っていないのなら、お風呂はきれいに洗ってお湯をためたいですもんね。

そこで、待ちきれなくなって洗面ボウルにシューシューと吹き掛け、1分待って流してみたところ、ピカピカに!! 私は固形せっけん好きなもので、どうしてもせっけんカスというものが付着します。そのため、ほぼ毎日洗面ボウルを洗いたいところですが、時間がなくてできない日もある。そんな時に大活躍! ついでにキッチンシンクでも試してみましたが、使える使える! 蛇口周りとか、細かいところはスポンジなどを使ってこすり洗いした方がよろしいかと思いますが、時間のない日の臨時的な措置としては十分で、大助かりでした。なんてありがたいことでしょうか。LIONさん、どうもありがとう。
(ちなみにスポンジ洗いするときは、花王のバスマジックリンを使っています。バスマジックリンも大好き。)
 
 

| | Comments (0)

セロリと豚肉の炒め物

20190319_1
 

もうすぐゴールデンウィークですね。みなさま、ご予定はいかがでしょうか? 今年は10連休の方々も多いかと思います。私は、9連休か8連休くらいかもですが、もしかしたら10連休なことになるかもです。ハッキリせんかいッ! いずれにしても長い連休。特に大した予定もないのですが、同じように特に大した予定もないらしい友人たちとほんのり一部過ごす予定になりそうな感じ。のんびりと、過ごしたいです。

さて、写真はセロリと豚バラ肉の炒め物。今回は青々系のセロリでしたので、白っぽいセロリよりも見栄えが良いと感じカメラに収めました。セロリを斜め切りし、適当なサイズにカットした豚バラ肉とともにフライパンで炒め、塩コショウと、ほんの少々のおしょうゆで味付けしただけと言う簡単料理です。薄味ですが、豚バラの脂っけで満足できちゃう。おしょうゆナシでもOKですが、入れるとコクが出ます。もう少し入れたいところですが、そうなると色が悪くなり、なかなか難しいところです。写真に撮らないならば、おしょうゆはもっと入れちゃえ。

でも実は、薄めの味には理由あり。いつものようにてんこ盛りなのは、数回分の量だからです。3日目くらいになると味に飽きるので、炒め直しておしょうゆとみりんを足して、甘辛テイストにすることもあり。あるいは、冷凍庫に眠っている自家製トマトソースと一緒に炒めて変身させたり。さらには、お水とブイヨンで煮込んでスープにしたり。そんな感じでテキトーにアレンジしています。簡単ですし美味しいので、オススメですよ。
 
 

| | Comments (0)

二人の雅美さん

久本雅美さんとおそろい


 
先日、『ぴったんこカン・カン』という番組の15周年特別企画で、久本雅美さんのお宅訪問をやっていた。とてもオシャレで、キレイなお宅でした。そんな久本さんの素敵なリビングにウチと同じものがふたつあって、ビックリ。それはカップ&ソーサーと、『Advanced Style』という写真集。久本さんに親近感というよりも、なんだか申し訳ない気持ちになってしまいました。でも、ちょっと嬉しかった。


確か『Advanced Style』は、当時お仕事でご一緒する機会のあったフリーアナウンサーの大平雅美さんから教えていただいたのだった。大平さんは、ナハトマンのボサノバシリーズ(ガラス食器)も大好きだとおっしゃっていた記憶がありますが(うろ覚え)……、それもいくつかウチにある! なんだか申し訳ないス、again(笑)。でも、ちょっと嬉しい。大平さんも上品でセンス良く、何より穏やかで朗らかな人柄でしたので、共通の好みがあるとちょっと嬉しい。
 
 

| | Comments (0)

«本日のブランチと、愛する紙皿カムバーックの巻き