居酒屋メニュー

絹ごし厚揚げ with ネギソース
  

前回のつづきっぽく、居酒屋メニュー的なものと言えば、コチラ! 絹ごし豆腐の厚揚げです。最近のワタクシの晩ご飯メニューにたびたび登場する一品。でも、これがメインよ。サブは、菜の花とかトマトとか漬け物とか、とにかく草食系です。居酒屋系です。

絹ごしの厚揚げを、キッチンペーパーに包みレンジでチン。表面の油が何となく何とかなるかな?的な感じのレンジでチンです。実際どうなのかは、よく分りませんけれども、気にしません。

レンジから出した厚揚げは、フライパンで焼きます。そのまま焼きます。こんがりしたら、ひっくり返す。厚揚げがこんがりしたら、適当なサイズにカットしておきます。さっきまで焼いてたフライパンに、小口切りしたおネギとしょう油&酒を入れて火にかけます。水分が半分くらいになって、ちょっとトロトロっとなったら火を止め、お皿に。カットした厚揚げをその上にセット。さらに細かく刻んだ青ネギをトッピング。お好みで七味をふりかけて、どうぞ。

ネギが食べたい人向けの美味しい一皿。こんな居酒屋系メニューながら、こちらもノンアルコールでいただくのが常という日常です。ツマラナイ!

| | Comments (0)

居酒屋お通し

お通しみたいな一皿

 

写真は居酒屋のお通しみたいですが、平日の晩ご飯。ノンアルコールです。中身はカブの葉の炒め物と牡蠣のオイル漬け、大根のべったらもどき(甘酒漬け)、そして隅っこにクコの実のはちみつ酢漬け。作り置きを並べただけですね。これはまだ寒いころ、連日の煮込み鍋シーズンの副菜的な一皿です。常備菜なので、作って2日目ほどのカブの葉の色がキレイじゃないけど、いつもこんなものです(笑)。

カブとか大根に活きの良い葉っぱがついていると、ついつい炒めたりお味噌汁の具にしたくなりますね。大根の葉などは特に、長くて運ぶのが大変だから、流通コストの問題から切り落とされてしまいがちですけれど、美味しいし栄養たっぷりなので、もったいないですよね。ニンジンの葉っぱも、ニンジンの香りがして美味しいです。

そうは言っても、やっぱり仕事帰りにスーパーでお買い物して、持って帰るには葉つきの大根やニンジンはハードル高い。たまの元気ある土曜日に買うくらいです。本当にもったいなくて残念ですが、現代人の生活とはそんなもの? 特に無精な私には、なかなか厳しいものがあります。だから余計に葉っぱや茎が贅沢に感じちゃいます。

 

 

| | Comments (0)

ローズマリー&タイム

フレンチタイム

 

フレンチタイムの鉢植えを購入しました。昨年も花壇の隅に植えてみたのですが、いつの間にかいなくなっていたので、今回は鉢植えでリベンジです。場所も窓際。写真ではあんまり見えませんが、隣りにいるアイビーはこの場所で何年も暮らしているので、一緒に頑張っていただきたいものです。

なお、外の花壇には新たにローズマリーも植えました。休日に早起き(9時過ぎ)して、2株植えました。実は昨年の5月ごろ、急にローズマリーが枯れたのでございます。丈夫で滅多に枯れることはないと言われているローズマリーが枯れたのでございます。その2〜3ヵ月前までは本当に元気で、ハーブティーにしていたのに。4年間一緒に暮らしてきたのに。そんなワケで、ローズマリーちゃんも今度こそ長生きしていただきたいです。

なお、パセリとセージを植える予定は、まだありません(スカボロフェア的な意味合い)。

 

| | Comments (0)

3月になってました

行きつけカフェのリンゴとブラックベリーのジャム

 

先日ラジオから、繰り返し「津田みどり」と聞こえて来たので誰のことかと思い、今一度よく聞くと、「きざみのり」と言っていたのでした。「給食のきざみのりで食中毒 」のニュース。どんな聞き間違いしてるんだ、と笑ってしまった。

もう、3月になっちゃいましたね。春、近し。花粉症のみなさまにおかれましては、辛いシーズンが到来しているようで、心からお見舞い申しあげます。私はまだ花粉アレルギーにはなっていないのですが、寒寒鼻炎だからクシャミ・鼻水・鼻詰まり・涙目で症状はほぼ同じ。それじゃ、みなさま、一緒に鼻かもう!

 

| | Comments (0)

付け合わせにも、菜の花!

真鯛のムニエルと菜花&マッシュルーム

 

またまた、菜の花。しつこい。後ろの方でボケてて、よく分りませんね。いつもの塩茹でしたものを、カットもせずお皿に乗せてます。手前のメインは、鯛です。鯛の下は、スライスした生のマッシュルーム。
菜の花が楽しめるのは3月くらいまでなので、残り1ヵ月!

5月くらいからは、毎年アメリカンチェリーを日課にしているほどですが、この冬からはウチの近所でもチリ産チェリーを見かけるようになりました。「冬でもチェリーを日課にできる?」と、一瞬喜び、1パック購入。まぁまぁ美味しかったです。でも、今のところお値段がお高めで、日課にはできていません。

 

| | Comments (0)

シンプル菜の花

菜の花とオリーブオイルのシンプルな一皿

  

また菜の花。
写真は、私が一番大好きな菜の花の食べ方です。多めのお塩を入れたお湯で、さっと茹でた菜の花に、香りのよいオリーブオイルをかけるだけ。私は、少し青臭いくらいの香りと辛みのあるアリーブオイルが好きなのですが、それが菜の花と相性がよく、この時期の食卓の定番になっています。

シンプルだけど、 菜の花、オリーブオイル、それぞれ本来の味が楽しめますし、サラダ感覚で食事の副菜としてはもちろん、ワインのお供にもイケるので、お得感もあり! ササッと簡単に作れ、オススメです。

 

| | Comments (0)

菜の花のパスタ

菜の花とカラスミのパスタ

 

先月から菜の花が店頭に並び、週に5~6日はいただいております。食べ過ぎ。でも、うま過ぎ。先日は友人宅のお夕飯にも菜の花を推しまして、御相伴にまで預かる始末。シアワセ。でも、能天気。

写真は拙宅の菜の花のパスタ。トッピングにすり下ろしたカラスミをうっすら振りかけ、菜の花イエローを演出してみました。いつもの通り、てんこ盛り。毎々言うようですが、皿小さいですから! 21cmですから!!

 

| | Comments (0)

新しい年が明けて、はや1週間

拙宅のしょぼいお正月風景

 

遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願い申しあげます。

年末年始は相変わらずでした。喪が明けたので、元旦はいつものようにO号宅に集結し、みんなでおせちをつつきながら、ワイワイと。昨年の秋に、O号と一緒に選んだANAホテルの和洋中3段おせちを初めていただきましたが、とっても美味しかった。こぶりの上品なお重に見えたのですが、けっこうな食べ応えで満足、満足。3号家の子ども達も、中1女子と小3男子となり、大きくなりました。持参したローストビーフとサーモンテリーヌも、完食してもらえ、よかったです。

翌日の2日は、拙宅での新年会。いつもの子牛番長とキョン君が来てくださったのですが、超いい加減なおもてなしでした。我が家は洋風オードブルおせちを購入いたしまして、料理の手間を省略。元日用と一緒に作ったローストビーフ用の付け合わせにクレソンを! と思っていたのですが、そちらも挫折。サラダクレソンすら入手できず、サニーレタスで誤摩化し、さらに悪化という始末。他に作った料理は、おなます・サーモンテリーヌ・煮物・きんぴらごぼう・ほうれん草のごま和え・アップルクランブルにお雑煮くらいだったかしらん。年末、もっと料理に追われてたような気がしていたけれど、こんなもんだったんですねえ。

で、超いい加減というのは、まだありまして、(元旦ではないのですが)お屠蘇儀式的な三三九度なアレを、面倒臭いからと言って、ちょうど3人だし盃を一人一個ずつ配り、屠蘇として用意した八海山吟醸(屠蘇散なし)を、ただちびちび飲むという、お屠蘇感ゼロなお屠蘇をしてしまいました。一年の健康を祈願する儀式が、単なる飲ん兵衛みたいになってしまった。
また、午後2時過ぎからの会と早かったもので、夕食にお鍋でもやろうかと用意していたのですが、夜になってもキョン君と私は満腹で叶わず。叶いそうな子牛に、「自分一人でやって」と、鍋用食材を持たせて帰らせたりと、最初から最後まで、いい加減さは消えることがありませんでした。

そういえば子牛が、獺祭スパークリングというお酒を持って来てくれたのです。その説明書には、最初は上澄みだけ飲んでも美味しく、途中からにごり酒を楽しむなどの2種の味を楽しめる飲み方や、開栓時の注意などが書かれていました。その内容を3人でふむふむしながら読み、キョン君が開栓してくれたのですが、まさか、ビックリ! 猛烈あふれてキョン君のズボンがビチャビチャに(笑)。半分くらいあふれ出た感じでした。キョン君がスエットに着替えている間、「もう上澄みなんて無理なくらい混じってる」「あのあふれ方を見て、何かのレースでグランプリとったのかと思った」などと言って爆笑する子牛と私。キョン君には気の毒でしたが、何となく景気の良い感じでした。

今年も1年、みなさまと一緒に、元気で楽しく過ごせますようお祈りします!

 

| | Comments (0)

サラダクレソン

ローストビーフの付け合わせがサラダクレソンの回

 

写真は、ちょっと前に作ったローストビーフ。付け合わせのグリーンは、サラダクレソンです。クレソン難民の時のものですね。

本日新年用にローストビーフを焼いたのですが、私は再びクレソン難民となっています。元旦のO号宅での食事会では、仕方ないのでサラダクレソンを持参することになりました。まぁ一緒に集まる3号家の子どもがいるので、サラダクレソンの方が食べやすそうなので良しとします。しかし、翌2日の自宅で行う新年会用のローストビーフには、ぜひともクレソンで行きたい。新年のスーパーをはしごして、クレソンを探す旅に出ようかと思います! どんだけ、クレソン好きかよ。

それでは、皆さま、よいお年をお迎えくださいませ。来年もよろしくお願いいたします。今年の最後が、こんなどーでもいい話題で、申し訳ありません。

 

| | Comments (0)

クレソン

ポーク、うまし。クレソン、うまし

 

最近スーパーの野菜コーナーには、サラダクレソンなるものが幅を利かせているせいでか、普通のクレソンがこじんまりとしてしまい、夜には売り切れていることも少なくないような気がしています。サラダクレソンは、辛みも香りもマイルドで、「あの辛みと独特の香りこそが、クレソンだろう」と思っていたワタクシは、サラダクレソンにクレソンの代役は勤まらない!と、きっぱり言い切りたいのでございます。

てなわけで、勢力の弱まったクレソンを夜のスーパーで久しぶりに見かけるや否や、急いでカゴに放り込み、軽く小躍りしながらお肉コーナーへ急ぎ、そこにあった肉厚のポークを適当につかんでレジへ走りまして、無事ゲット。よく見ないで買ったら、肉厚ポークは骨付きでした。いつもは面倒なので買わないタイプ(笑)。

さぁ、料理だ。ポークは塩胡椒で味付けし、シンプルにソテー。最後に白ワインを少々振りかけて、蒸し焼きにして仕上げます。焼き上がったポークにリンゴを煮たものをからめて、ソースのような付け合わせのようなものに。今回のリンゴはドロドロにせず、サッと加熱してシナモンとオールスパイスで香り付け。たっぷりのクレソンを添えて、完成です。30分で出来上がる、お手軽料理。ボリューミー。クレソンも、思った通りのお味で嬉しス。 


| | Comments (0)

梅干しとこんぶ茶

はちみつ南高梅と大葉とこんぶ茶、健康3セット

 

セールで梅干しを買いまして(そ、そんなもんをセールで……)、毎日1個を食す年末。塩分4%のはちみつ南高梅なので、そんなに酸っぱくも、しょっぱくもなく、お茶請け気分でいただいております。一緒に大葉(青じそ)2枚もつけて、免疫力もアップだ! 本当は、いつも大葉が余るので、梅干しとペアにしているのであった。

写真には、毎年リピートしている贅沢こんぶ茶も。老人かッ。でも、穏やかな老後っぽくて気に入っています。実際の毎日では、こんぶ茶を水筒に入れて職場に持参。午前中、仕事をしならが、それをズズズと飲んでいるのでした。ちなみに隣りの席ではアシ子が水筒に入れた具なしお味噌汁をズズズと飲んでいる。そして、正面に座っているアシアシ子に、「何故か、麺つゆみたいな匂いがする」などと、ほんのり気付かれている我々でした。

 

| | Comments (0)

振り返ったら、いつもの1年

この1年を振り返ると、本当にブログの更新をしていなかったと実感いたします。 下記は、ブログでこれまでを振り返った結果。

[1月]お正月の家飲み会とo号のアロマ
[2月]庭のローズマリーを使ってハーブティー&三途の川の夢
[3月]アスパラの肉巻が面倒で肉巻かない
[4月]シマシマキュウリを簡単に作る方法
[5月]牛久大仏でGWとポピーとカラオケ
[6月]千切りの夕ご飯
[7月]また千切り
[8月]節水&餃子パーティー失敗
[9月]微妙なキッチンタオルとキャラメルナッツ
[10月]コンソメトマトとつくねを作った
[11月]フォトスタジオが!
[12月]アップクランブルをやっつけで作る

更新の少なさから、簡単に1行で済む薄っペラさですよ。まあ、身のまわりに特別新しいことが起こるわけでもなく、またこの歳になると、どれだけ平凡で中庸で平坦な毎日でもいいから、どうか平穏に!という気持ちが強くなるため、新鮮さに欠ける面は大きいと思います。でも、一番大きな原因は、「ブログ書くのが面倒臭い」だと思われますけれど(笑)。

ブログにはアップしていませんでしたが、これまで通り10代のころからの地元友人たちとの食事会や女子会も、子牛&キョン君との拙宅飲み会も、年に3〜4回は開催されている。料理研究家のRさんとの月2回の定期ランチも続いており、お料理情報をゲットしています。先日アップしたアップルクランブルの写真をお見せしたら、Rさんも次回のお料理クラスのデザートに、アップルクランブルを取り入れてくださることになったとか。嬉しい!他にも、年1くらいで会う友人とも会えたし、3年に1回くらいのレベルの友人とも今年は会ったのだった。あッ、それからウチのローズマリーは何故か急に4月に枯れたのでした。悲しい。

さて、写真。変わりばえもせず同じようなメニューばかり繰り返しているワタクシは、新しい料理も思い浮かばず、結果写真もありません。2年前3年前4年前と同じモノばかり作って食しておりますよ!今は寒くなってきたので、連日煮込み鍋料理。トマト味、クリーム味、和風などなど。こうなったら、写真は調理途中のものをアップです。

 

煮込む前に炒める作業

 

 

 

| | Comments (0)

Apple crumble

アップルクランブルを焼いた!うまうまですぞー!! 

10年ぶりくらいに、アップルクランブルを焼きました。繊細で複雑なお菓子作りができない、やりたくないワタクシでも、自宅にあるもので手軽に作れる数少ないお菓子です。クランブルの分量なんて前回(10年くらい前)、面倒臭いので全部同じにしてしまえ!と、勝手に決めたもの。おかげで忘れずに済みました。

---【今回のアップルクランブル分量】----------------------------
りんご2個
シナモンパウダー小さじ1弱
オールスパイスひとつまみ(お好みで)
バター10g(省いてもOK)

 =クランブル=
薄力30g
砂糖30g
アーモンドプードル30g
バター30g

予熱した180℃くらいのオーブンで40分程度焼く。
----------------------------------------------------------------------------

私はオールスパイスやクローブ、ナツメグなどのスパイスが大好きで、今回はオールスパイスをちょっと入れてしまいましたが、物凄く邪道なことをしたように思われる気がします。でも、美味しかった。また次回も入れたい。

アップルクランブルは、アイスクリームを添えたり、スパークリングワインに合わせても美味しいですが、カロリーが恐ろしいので、自粛しています。

 

| | Comments (0)

ぼーぼー

そう言えば、前回アップのバラバラ事件かと思ったフォトスタジオですが、こちらとは長年のお付き合いでちょくちょく出入りしております。だから、5年半前に撮った外観写真も当ブログにアップしたことがあったのですが、現在と比べてみたくなり、また写真を撮ってきましたですよ。iPhoneですけれど。

5年半前にアップした、蔦具合がこちら。

 

20110414  

そして、現在の蔦具合。※タテヨコ違ってしまい、ごめんなさい。

 

20161118_2  

写真は建物の裏側で、普段はぜんぜん通らない道のため、私も5年半ぶりに裏から見ましたらば、「蔦ってヤツは、やっぱりこんなに……」と思って当然な、そういう風貌になっていました。

6階建のビルですが、上階方面は舞台のお稽古スタジオもあり、たまに有名な役者さんを目撃できたりします。舞台のお稽古場のことはよく知りませんが、フォトスタジオというのは照明命で窓やその他からの光を嫌うので、窓やら仕切りは暗幕で仕切られています。それゆえ、蔦が窓を塞ごうが関係ありません。

でも、写真ではちょっと見切れていますが、右端にチラリと見える非常階段。そっちがそろそろアブナイです。蔦がもうそこまで、間近にせまっている。来年の春ごろになれば、もはや消防署も黙っていられなくなるほどの勢いですよ、コレは。私もまた来年の春過ぎの芽吹き時に、確認せねばと思った次第です。

※関係ありませんが、5年半前の写真では東京スカイツリーがまだ工事中ですね。もう1度、上へスクロールしてスカイツリーをご確認くださいませ。

 

 

 

| | Comments (0)

バラバラ事件か

20161118_1

 

朝イチで、と言っても午前10時にフォトスタジオへ行ったら、薄暗いスタジオの隅で誰か死んでるッ! ……と思ったら、マネキンとかトルソーでした。ビックリ。バラバラ殺人事件かと思うじゃないのよ。あぁ、そうか、前の晩にメンズの撮影があったのでしょうね。きっと、下着の撮影だな。まぁでも、誰も死んでなくて、良かった、良かった。

 

| | Comments (0)

«秋を感じさせる宇宙人画像