« July 2016 | Main | September 2016 »

老化のご報告

8月ももうすぐ終わり。皿はアラビアのアルクティカ

 

この週末、老化を感じたことを、たんたんと思い返していました。
というのも、本日母の友人だった方にお手紙を書く必要に迫られ(返信)、そこで直面したのが、「話のネタが思い浮かばないッ」という問題でした。

これまで、手紙のネタに困ったことなど一度もありませんでした。それどころか、手紙を書けずに困っている友人に代わって、ネタを提供したり代筆したりすることさえあるほど、手紙は苦ではなかった。なのに、今日は本当に書くことが思い浮かばず、あまりに意外で逆に新鮮に感じたほどでした。

手紙に書く内容が浮かばない現象は、なんとなく脳が固くなっているような感じでした。だから間違いなく、これは老化ですよ。

ここ1〜2年は、夜8時半や9時まで残業する日が2〜3日続くと、ぐったり疲れるようになり、しかも疲労がなかなか回復しない。そんな老化は日常です。毎日ソルちゃんと嘆き合っているほど。ほかにも考えてみると、同世代の親しい友人女性に会えば、四十肩経験の有無やら更年期症状の気配などを訊いてみちゃったりしていました。肩は相当痛くなるみたいだから怯えていますが、まだ痛みはなく、更年期障害っぽさも分らないので、「いつ来るんだ?」という緊張感がけっこうありますです。

老眼は、もともとが近視なもので、少しは症状が出ているのかも知れませんが、まだ日常生活に支障をきたすほどではなく、あまり気にしたことがありませんでした。けれどもよく考えてみると、電車内の目薬広告で見かける「夕方老眼」を、「やや、これはッ!」という構えた気分で見ている自分がいましたよ。これは、まさに意識しているってことですね。

老化は自然な現象だから仕方ないと思っていますが、どんな老化現象が表れて来るのか、心構えをしておきたいし、ちょっとした気配でも見逃さないようにしたいです。今後も、老化がこんな塩梅で出たと、発表していきたいと思います。

 

 

| | Comments (0)

『Tomyの晩酌ごはん』を、ほんのりご紹介

『Tomyの晩酌ごはん』レシピ本と、その背後にぼんやり写っているのは、『Tomyのごはん』ブログの画面

 

人気の高い、『Tomyのごはん』ブログは、私が拝見し続けているご飯ブログの中で2番目に長く楽しませていただいているサイトです(ちなにみ、1番長いのは『独身男の夕食』ですけれども……)。

どんなところが大好きで拝見しているかは、みなさんもご覧になられればお分かりになるハズ。センスのよい食器に、彩りよく盛り付けられた美しい料理が並ぶテーブル。もちろん、お料理は、どれも美味しそう。特に私はお正月料理に、毎年うっとりしていました。

そんなTomyさんが、ついにレシピ本『Tomyの晩酌ごはん』を出版されたそうですよ。私もさっそく購入。春夏秋冬に分けられた構成になっており、そこには季節感あふれる、晩酌によく合うレシピが満載でした。こんな風に本になって、「大さじ1」などと書かれてあると、早く作ってみたいような気分になりますね。Tomyさんの味に近いものが、私にも食べられるのかな?と思うと、ちょっと不思議な気持ち。

内容もバラエティに富んでいて、これはビールに合いそう、ワインならアッチね!と、晩酌メニューを探しやすい。さすが、酒呑みTomyさん!と感心しきり(いや、一度もお目にかかったことはないのですが)。巻末の索引も、「肉」「魚介」「野菜」などと、ジャンル別になっていて、さらにそれぞれの中で「牛肉」「鶏肉」「あじ」「アスパラガス」と、食材ごとにあいうえお順に並んでいて、なんて親切なのでしょう。

ほかにもレシピとは別に、Tomyさんの晩酌スタイルのこだわりだとか、お気に入りの調味料やお道具などもご紹介。なかなか興味深いです。そして、何よりも清潔で機能的なキッチンも公開されています。大変に整然としていて、尊敬する! 私も、即座に断捨離は無理ですけれど、せめて明日は換気扇掃除とかしますよ。

そんなワケで、『Tomyの晩酌ごはん』は文化出版局から1400円(税別)で、絶賛発売中です。本屋さんで見かけたら、お手に取ってみてくださいませ。
 

 

 

| | Comments (2)

節水ゲーム

駅に、節水を呼びかけるポスターが貼られている。6月半ばからは、利根川水系において10%の取水制限が実施されているそうだ。

さっそく私も節水方法などを調べてみたのだが、「洗濯はまとめ洗いし、すすぎの回数は減らす」「食器は、汚れを拭き取ってから少ない洗剤量で、洗い桶を使用し洗う」「洗面器とコップを使って洗顔・歯磨き」「トイレのタンクの水量調整」などなど、おおよそのことは普段から心掛けていることであった。

ところで、数週間前から、雨雲ズームレーダー・サイトとダムの貯水率を表示した水道局のサイトを見ている。雨雲レーダーでは、八木沢ダムや奈良俣ダム付近を見守り、雨雲が近づくと応援しているのであった。ダム貯水率の前日比を確認するのも興味深い。

そんなことをしていたら、やっぱりもっと節水に努めねばという気持ちになるもので、手洗いやシャワーなどでも、できる限りこまめに水道を止めたり、食器洗いの水もさらに少なく済むよう工夫をしてみたりと、まだまだできることがありそうだった。そのように思って過ごしていると、ゲームのような気分になってきて、もっともっと挑戦できるのではないかと探し始め、楽しくなってくるのであった。

具体的には普段よりも1~2秒ほど早く水道の栓を止めるという、そんな小さな行為だが、俊敏な動きが必要となりゲーム感覚度がアップして面白いのだった。たかが1〜2秒でも、塵も積もれば山となる。今までけっこう水の無駄づかいをしてしまっていたと感じ、反省反省。これからは、この節水モードを通常運転として身につけ、心掛けたい。

 

yahoo 天気・災害 雨雲ズームレーダー  

| | Comments (0)

失敗と成功

成功したラタトゥイユ

 

先日、自宅で餃子パーティーを開催しました。暑いのにホットプレートで焼いてみたのですが、そんな苦労をした割に何故かジューシーさに欠ける餃子が出来上がり、ワタクシのテンションはダダ下がり。仕方なく、途中で水餃子っぽく、スープで煮るタイプのものに変更したのですが、根本的なところはそんなに改善されず、ちょっとガッカリでした。餃子は、基本の豚肉のあん、そこに大葉を加えたバージョン、エビを加えたバージョンの3種類。大葉の餃子が夏にピッタリなお味でしたけれども……。

餃子はうまく行きませんでしたが、ラタトゥイユは猛烈ジューシーに美味しく完成。写真は煮込み始めのころの、鍋の中。ナス、赤と黄のパプリカ、ズッキーニ、玉ねぎ、エリンギ、しめじを、冷凍トマトで煮込んでおります。

餃子パーティーは、ビールを飲むための会でした。春に飲み損ねていたロブション・ヱビスの「華やぎの時間」「余韻の時間」と、普通味のヱビスを飲み比べ。3年くらい前から、ロブションとコラボしたヱビスビールを、春に友人たちと飲むのが楽しみだったのですが、今年は遅れて夏になってしまった。昨年までは「薫り華やぐヱビス」だったのに、今年は商品名が変わっていたり、新しい仲間が増えてたりして、ちょっと面白かったです。

 

| | Comments (0)

« July 2016 | Main | September 2016 »