« August 2016 | Main | October 2016 »

キッチン用のタオル

イタリア製デザートグラスとキウイフルーツ

 

先月、キッチンのタオルを買い替えまして。今度はオーガニックコットン。表がガーゼ、裏がパイル仕立てのフェイスタオルでして。早く乾きそうでいいかなぁと思って。

確かに、早く乾くように感じますが、それほど感動的なレベルではなく、普通でした(笑)。普通であることは、良い面としてとらえていい。そんなことよりも問題は、手が拭きにくい。何だか拭きにくい。そのような、キッチン用のタオルにとっては、致命的な部分でのデメリットを感じたのでした。ガーン。

ガーゼ面とパイル面がズレるわけではないのだけれども、どうも手を拭きながら不安定な気持ちにさせる奇妙な摩擦感があるような、ないような? うまく説明できずにもどかしいですが、どうもやりにくい。小さな小さなストレスですが、そんなもんを使うたびに感じながらひと月が過ぎたのでした。

吸水性はとても良いので、タオルとしては優秀なのでしょう。たぶん、そっと肌に当てて水分を吸い取ってもらうデリケートなタイプのタオルみたいで、キッチンのように仕事のハードな現場向きではないのかも知れませぬ。それなら洗顔用などに使用目的を切り替えればいいのですが、そちらはそちらで専用のタオルが潤沢にあるので、取り敢えず購入当初の目的通りキッチン用で使っているのでした。

使いこなしていくうちに、落ち着いてくるかも知れない、使いやすくなるんじゃないかな?と期待して使っています。ガーゼは洗えば洗うほど、使い込むほどにふんわり使いやすくなるとも聞くし。それに使っていくうちに、コチラも慣れてくるかも知れない。そんな風に思っているのだけど、どうなんだろう……。

いや、本当のところは、うっかり7枚もまとめて買ってしまったため、あらためて別のタイプのタオルを購入し直すのがイヤなのでガマンしているのが本音。JOCA(日本オーガニックコットン協会)マーク入りの国産タオルだから、そうそう簡単に見捨てられない貧乏人根性なのでした。

「1週間分、買っておこう」と勢いづいていましたが、なんで3〜4枚にしておかなかったかと、反省してます(泣)。

 

| | Comments (0)

私のサーキュレーター

カボチャの種が多いキャラメルナッツを冷ましているところ

 

またもや、いつの間にやら9月になってました。夏も終わりですね。まだ、残暑が厳しいですけれども。いや、暑いよ、まだ暑いよ、普通に暑いよ。

そんな暑がっているワタクシですが、今年の夏も寝室のエアコンを新調せぬまま、エアコンなしの夜を過ごしているのでした。いったい今年で何年目になるんだろう? すっかりエアコンのない寝室がデフォルトですよ。扇風機(サーキュレーター)は回しているけれどもね。

その寝室の扇風機(サーキュレーター)に、先月初めて名前を付けてみたのです。寝室の空気(エアー)をかき混ぜて、風を送ってくれているので、名前は「エア子」。そう、たぶん、どうやら女の子みたいですね。うちのエア子は小柄だけれども、なかなかパワフル。でも強力過ぎず、ほどよい風を送る気遣いは、なかなかの女子力です。まあ、そんなコトはどーでもいいッス。

夜、さぁ寝よう! と気温の高い寝室に入り、すぐさまエア子をスイッチオンするのですが、そのときに、「エア子つけようっと!」と声に出して言ってみると、あたかも「エアコンつけようっと!」と言っているかのごとく響き、誰かが聞いてたら、絶対「エアコンつけようっと!」って聞き間違えるに違いないのです。そう思うと、何だか猛烈に可笑しくなって、一人ニヤニヤしてしまうのでした。

「おやじギャグかよ」「一人で何やってんだよ」「もう大人なんだからいい加減にしろよ」などなど、私自身も思っちゃいるけど、コレがやっぱりなかなか止められない。でも、自分で「エアコンつけよう」ってエアコンつけた気になっているのか、はたまたおやじギャグが寒いからなのかは分りませんが、ぜんぜん暑苦しくなく、ニヤニヤしながらぐっすり眠れている夏なのでした。わりと、めでたいことなのでした。てゆーか、おめでたいのは、私だよって話ですかね、コレは。毎度どうもスミマセン。

 

※写真は、キャラメルナッツを冷ましている之図。こんなカロリーの高いものを作ってしまい、現在後悔しているところです。

 

| | Comments (0)

« August 2016 | Main | October 2016 »