« 居酒屋メニュー | Main | ミントたち »

アロンアルファ爪

何かの煮込み料理途中

 

菜の花を2束も茹で、浮かれながら湯気モウモウの状態をまな板の上でカットしていたら、うっかり左手親指の爪をザックリ。「菜の花、いっぱいで嬉しい」と「爪、ヤバい」の両方の感情が去来して、複雑な気分となりました。

爪はヨコに3分の2ほど切れて、残りの3分の1はまだくっついている状態。爪が剥がれたら、相当痛そうだったので、このままくっつけ、くっつけと、絆創膏とテープでぐるぐる巻きに。その後、ふと瞬間接着剤のアロンアルファで接着しようと思いつく。大昔フラメンコギタリストが爪を補強するため、爪表面にアロンアルファを塗っているという話を聞いたことがあったのです。
ネットで調べてみると、同じように割れた爪を接着している例もあったので、すぐさま買いに行きまして、接着いたしまして、今のところ割りと良い感じです。

でも土台の爪は割れているので、何となく怖いので相変わらず上から絆創膏とテープを巻いていました。すると知らないうちに、テープの接着剤がグラスやスマホの画面など、そこいら中に移っていて、いろいろなものがベタベタになっていた。まったく、もぅ!

ベタベタ対策は、医療用の指サックや、医療用プラスティックテープなどでしのいでいますが、もっと良い方法はないかと思案中。アロンアルファ爪で、1ヵ月ほどは頑張らないとならない感じですので。あぁ、早く爪が伸びて欲しい。無事に伸びて欲しい。

 

|

« 居酒屋メニュー | Main | ミントたち »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 居酒屋メニュー | Main | ミントたち »