« ローズマリー&タイム | Main | 居酒屋メニュー »

居酒屋お通し

お通しみたいな一皿

 

写真は居酒屋のお通しみたいですが、平日の晩ご飯。ノンアルコールです。中身はカブの葉の炒め物と牡蠣のオイル漬け、大根のべったらもどき(甘酒漬け)、そして隅っこにクコの実のはちみつ酢漬け。作り置きを並べただけですね。これはまだ寒いころ、連日の煮込み鍋シーズンの副菜的な一皿です。常備菜なので、作って2日目ほどのカブの葉の色がキレイじゃないけど、いつもこんなものです(笑)。

カブとか大根に活きの良い葉っぱがついていると、ついつい炒めたりお味噌汁の具にしたくなりますね。大根の葉などは特に、長くて運ぶのが大変だから、流通コストの問題から切り落とされてしまいがちですけれど、美味しいし栄養たっぷりなので、もったいないですよね。ニンジンの葉っぱも、ニンジンの香りがして美味しいです。

そうは言っても、やっぱり仕事帰りにスーパーでお買い物して、持って帰るには葉つきの大根やニンジンはハードル高い。たまの元気ある土曜日に買うくらいです。本当にもったいなくて残念ですが、現代人の生活とはそんなもの? 特に無精な私には、なかなか厳しいものがあります。だから余計に葉っぱや茎が贅沢に感じちゃいます。

 

 

|

« ローズマリー&タイム | Main | 居酒屋メニュー »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« ローズマリー&タイム | Main | 居酒屋メニュー »