« May 2017 | Main

備前焼で鯛

鯛の蒸し焼きを備前焼のお皿に

 

備前焼のお皿を久しぶりに箱から出して、鯛を盛り付けてみました。鯛はフライパンで、皮目から焼いてパリッとさせ、その後ひっくり返して白ワインで蒸し焼きにしています。香りづけとして、タイムも一緒にフライパンに忍ばせました。身がふわふわで脂も乗っていて、大変おいしゅうございました。

こうやって写真で見ると、備前八寸もなかなかカッコイイですね。コレ、30%OFFで購入して、大変お得で嬉しかった記憶のお皿。でも陶器は洗った後カラカラに乾燥させる手間が面倒で、ついつい磁器ばかり使ってしまい、なかなか登場の機会がありません。特に大きめの器だと、なおさらに。

ところでタイムは、3月に我が家にやって来た鉢植えタイムちゃんです。かなりボーボーに育っていたのですが、このシーズンは伸び放題にしたままだと蒸れて枯れてしまうこともあるそうなので、なるべく剪定を心がけています。確かによく見ると、枯れている枝もあり悲しかった。なので、ちょいちょいカットしては、料理に使っています。

とは言え、料理と言っても冒頭の鯛の蒸し焼きのようなばかりしか思いつかず。素材がポークやチキンだったり、アサリのワイン蒸しだったりと、そんな程度の違いです。たまにハーブティーにもして、なんとか無駄にしないよう大切にしているのですが。タイムちゃん、いつまでも元気で、そばにいて欲しいなぁ。

 

| | Comments (0)

Gaimoのサンダル

Gaimoのサンダル

 

職場用の履物として、ガイモのサンダルを購入。14000円くらい。職場用にしては贅沢か。アルコペディコで良かったんじゃないのかと思いつつも、飽きたためガイモで。ちなみに、アルコペディコは子牛番長とお揃いですのよ。さらに、ちなみに、数年前の職場用サンダルはガイモの赤いスエードでした。ガイモのサンダルは甲の部分を覆う面積が広いため、パカパカせずに歩きやすいのです。まぁそれは、アルコペディコも同じだけれども。

そんなガイモとは、なんだかんだで20年近くのお付き合いです。たぶんD’ICIはじめモード・エ・ジャコモの靴と同じくらいのお付き合いなのか。そんなに長いこと、同じような靴ばっかり履いていたかと、あらためて驚きます。ガイモはサンダルしか買ったことがないので数足ですが、モード・エ・ジャコモは何十足買ったことやら。そんな風に考えるとツライので、モード・エ・ジャコモたちでどのくらいの距離を歩いたかを想像しましょう。全然わかんないけど、ずいぶん歩いたとは思う。

……。
あぁ、もう1足、ガイモのサンダルを自宅用にも欲しいなぁ。でも、そんなに履く機会もなさそうだしなぁ。無駄遣いになっちゃいそうだなぁ。

 

| | Comments (0)

« May 2017 | Main