« 視界の隅っこに | Main | 開きました »

風邪の「それっぽい感じ」

玉子おじやに青ねぎトッピング

 

 

水曜日に風邪をひいて、葛根湯やビタミンC(アスコルビン酸)を飲んだりしていましたが、それっぽい感じを出すため夕食に玉子おじやも作ってみました。青ねぎたっぷりで、風邪を撃退! まぁ、昼食には鶏の唐揚げ定食を完食するほど元気で、わざわざお粥やおじやというほど重症ではなく、ただ「それっぽい感じ」を出したかっただけです。

同様に、チキンスープも作ってみました。時間がなかったので週末の土曜日に。もう風邪は治りかかっとるがなッ、と自分自身にツッコミながらも、やはり「それっぽい感じ」を演出するためにはチキンスープだ!と思ってやまないワタクシ。ワクワクしますね。

そんなチキンスープは久しぶりに使う圧力鍋で作りました。洗ったり干したりが面倒臭くて、なかなか登場しない圧力鍋です。いつも、そんなこと言ってる気がする。陶器のときも必ず言ってる気がする。なんだか、すみませんです、毎々。

それで、ですね。久しぶりに使ったせいなのか、出来上がっている風なのに圧力鍋の蓋が開かない。固いんです。しかも、圧を落ち着かせた後でもお鍋が熱くて、ワタクシの怪力を遺憾なく発揮できない。冷めてから再挑戦するとなると、内部の空気が冷めて縮んで、ますます開かなくなりそうです。あんまりにも開かないので、このまま一生開けることはできないのかも知れない……、と不安に陥りました。

でも、その場合、このチキンスープ入りの圧力鍋は、どのように廃棄したものか?と思ってみたり。「燃やさないゴミになるにはなるだろうけれども、中には燃やすゴミが入っている。パッキンでしっかり密閉されているとはいえ、チキンスープは傷むであろう。傷んで内部にガスが発生すると(ホントか?)、どこまで圧力鍋は耐えられるのだろうか。でも、かなり耐えるのではないか?だって、圧力鍋だもの。みつを」などと、ずっと一人で考えていました。

風邪の「それっぽい感じ」を出したかっただけなのに、何やら困ったことになってしまった。明日、便利屋さんに来てもらう予定だったので、「便利屋さんに開けてもらう」「開かなかったら、便利屋さんに廃棄してもらう」ということまで、現実的に考えているほどです。廃棄の場合、便利屋さんも困るであろう。申し訳ないです。

そんなワケで、チキンスープの写真はありません。ワタクシがやりたかった風邪の「それっぽい感じ」も、成し遂げられぬまま、夜は更け9月も終わることでしょう。Adieu! さようなら。
 

 

|

« 視界の隅っこに | Main | 開きました »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 視界の隅っこに | Main | 開きました »