« 補填 | Main | 給湯器がピンチです »

パイナップル・ウォッカで、流行に乗りました

パイナップル・ウォッカを漬け込み中の図

 

 

夜更けのスーパーでパイナップルが半額だったことと、自宅にスミノフの飲み残しがあった流れで、この夏ちょっと話題になっていた『パイナップル・ウォッカ」を作ってみました。ただパインをウォッカに漬けるだけですけれど。
えへへ。

瓶が小さめだったので、パインも小さめにカットして無理やり詰め込み、そこにウォッカを注いでみたとろ、ちょうど良い具合の“ひたひた状態”でしたわよ。
天才かッ、私は!?

漬けること10日くらいで飲んでみますると、激うま! パインの良い香りがスミノフに移り、口当たりも柔らかになっており、とても美味しかったです。試しに漬かっていたパインも食べてみましたらば激マズ! 当たり前ですよね。サングリア用に漬けたフルーツが、激しく不味いのと同じこと。まぁ、とにかく漬け込んだパインやフルーツは食べないよう、みなさまもご注意くださいませ。

漬け込みパインを食べなければ、本当に美味しいアルコール飲料でした。パイナップルの仕事ぶりの高さに、たいへん驚いた夏でした。なんと申しましょうか、切ない夏のお味がしますの。甘くて陽気な南国の香りと、すっきりとした飲み口が、身近なような遠いような、そんな印象。だから切ない。また今度パイナップルが半額で販売されていたら、作ってみたいと思います。って、半額限定かいな(笑)。

 

|

« 補填 | Main | 給湯器がピンチです »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 補填 | Main | 給湯器がピンチです »