« スミマセーヌ | Main | 37.5℃ »

感謝の気持ちと、仕事引き継ぎ

マッケンジーチャイルズのやかん title=
 

先月と今月、久しぶりに再会した人たちがいて、その久しぶりさ加減というのが半端ない時間。10代の頃と、20代の頃に交流があった方々だ。ワタクシのこと忘れずにいてくださったうえ、お声までかけてくださり誠にありがたし。一方、職場では別れのシーズンが到来し始めている。いわゆる労働派遣法改正における2018年問題の影響で、長く一緒にお仕事をしてきた仲間が職場を離れることに。7月末から年内まで、ゆるゆるとお別れシーズンが続きます。悲しい。

入れ替わりに新しいメンバーがいらっしゃるチームもある。でも、そうじゃないトコロもあって、なんとワタクシが掛け持ちすることに。仕事量が増えてアリナミンVを飲みまくりですよ。6月末から現在にかけて2つの仕事を引き継いでおり、よく知らない別フロアのチームとの仕事では会議で飛び交う略語の意味さえ分からない始末です。仕事のアプローチも異なり、文化が違う感じ。「自分が今まで知らなかったことだ。新しいことだ。勉強になる」と、自己暗示にかけて楽しくやろうとしてる最中です。ポジティブシンキング。でも、疲れるわーぁ。

マジ疲れるし、なんでワタクシがこんな目に!と思って腹も立つけれども、そんなことを言っても仕方ないので、ウサを晴らすために購入したのが写真のケトル。やかんです。大好きなマッケンジーチャイルズ。そういう言うと、「頭おかしい」みたいな感じで苦笑されますが、頭おかしくてもイイです。お金持ちになったらマッケンジーチャイルズのインテリアで暮らしたいほどです、ワタクシは。ちょっと目が回るかもしれないけれど(笑)。そんな美意識。

冒頭で申し上げた、先月と今月に久しぶりに再会した人たちとは、会うなり数十年ぶりのご無沙汰期間がなかったかのような親密性の高い空気で、楽しかった。もちろん「今は何しているの? これまでは?」みたいな話はあったけれど、お互いに変わっていなかったのだと思えた。嬉しかったです。同時進行で、職場では仕事で引き継ぎ先のチームのみんなが、会社のやり方や慣れないワタクシにイライラしておりました。でも、その気持ちはよくわかっていたので、まあ仕方ないと思っていました。

そんな時期に、こんな風に古い友人たちと次々再会できたことが、なんだかスゴイことのようの感じる。これまでいつもワタクシの近くにいて親しくしてくれている友人たちには、わざわざ仕事のこんな話はしない。話すほどのこともないので。もちろん再会した彼女たちにもしないけれども、ワタクシは、「私を支えてくださる友人が、またココにもいた!」と感じて心強く感じだのだ。このタイミングで会えることになり、大変にありがたかった、でも、不思議な感じもした。

その後ひと月弱くらいが過ぎ、新しい掛け持ち仕事にも慣れてきて、ワタクシは当たり前ですけれども(!)そこそこ優秀なので(!!)、引き継ぎ先のチームからの承認度も徐々にアップし始め、前任者がやっていないことまで手を出す始末。メンバーの懐柔も着々だ。てな言い方はアレですけれど、仲良く頑張って仕事をしています。今後も励みます(予定)。

あー。今回、ちょっと愚痴っぽくてゴメンナサイ! 会議では、いまだに分からぬ略語あり。五七五。

そうぢゃなくて、ワタクシは友人たちがどんなにワタクシを支えてくださっているかと言う思いを本当に感じました。それから友人たち以外の、このブログをご覧の皆さまにも、そんな風に感じる。いつも支えてくださってありがとうございます。そういった存在があると感じられると、安心できてホッとします。そう言うことにも気付きました。皆さま、本当にありがとうございます!

 

 

 

|

« スミマセーヌ | Main | 37.5℃ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« スミマセーヌ | Main | 37.5℃ »