« November 2018 | Main | January 2019 »

ドラマ『SUITS/スーツ』と『グッドワイフ』

海外ドラマがわりと好きでポツポツ見ていたりするのですが、日本でのリメイクも最近多いみたい? この間まで、『SUITS/スーツ』が放送されていたようですし、来月からは『グッドワイフ』も始まるそうですね。リメイクは見ていない(見る予定もない)のですが、写真で鈴木保奈美さんの衣装がカッコ良さそうだった点はチェックしていました。原作のアメリカのドラマはシーズン3くらいまで見て挫折してしまったのですが、私もジェシカ・ピアソン(ジーナ・トーレスが演じる鈴木保奈美の役どころ)の衣装見たさに、頑張って見ていた気がする。

ついでに言うと私が知っているシーズン3くらいまでだと、今やサセックス公爵夫人となったメーガン・マークルさんもガンガンご出演されてました。てゆーか、「ハリー王子、レイチェル(メーガン・マークルの役名)とご結婚するのか、マジかッ!」と驚いたのは記憶に新しい。

さて、話は『グッドワイフ』です。こちらも舞台は弁護士事務所。『ER緊急救命室』のキャロル・ハサウェイ(役の女優ジュリアナ・マルグリーズ)が主演のドラマですが(ちなみに夫役は、『セックス・アンド・ザ・シティ』のミスタービッグ役クリス・ノース)、このドラマでキャロル・ハサウェイの上司ダイアン・ロックハートが、私の大好きな『ビッグバン★セオリー/ギークなボクらの恋愛法則』のレナードの強烈なお母さん役のクリスティーン・バランスキーさん。この人が出演しているから『グッドワイフ』を見ちゃったと言っても過言ではない。

私が嬉しかったのは、経営者の一人であるダイアン・ロックハートが、ゲスト出演していた『ER緊急救命室』のアビー・ロックハート(役の女優モーラ・ティアニー)と共演していたことで、「やだ、ロックハート同士じゃない! キャー」と喜んでしまいました(アビー・ロックハート役として出演していたわけではない。別の役)。もう、何言ってるんだか、みなさま全然わからなくなっているかと思いますが、どうぞ許して。

で、この『グッドワイフ』には、デヴィッド・リーというおじさま離婚弁護士が出てくるんだけど、この俳優さんのことを私は「アメリカの小遊三」とずっと思っていました。なんか、ちょっとお顔が三遊亭小遊三さんぽいのです。で、このたび日本でリメイクされると知り、真っ先に小遊三さんが出演しているのかどうか、そこが一番気になってTBSのサイトまで見に行っちゃうほどでしたよ。「小遊三、いない……。私の好きなカリンダ役は、水原希子さんがやるのね」というところまでは分かりました。少し、残念。でも小遊三はシリーズ化してドラマを長くしないと出てこられない役どころなので仕方なし。

私が思っている「アメリカの小遊三」は、ザック・グルニエさんという俳優です。ぜひ、画像検索でお顔をチェックしてみてください。小遊三さんぽさを共有してください。

おまけ:カリンダ役の女優アーチー・パンジャビさんがご出演の『ぼくの国、パパの国』(1999年)というイギリス映画、とても面白かったです。むかしの作品ですが、舞台が1971年のマンチェスターと過去を描いたものなので、微妙な古臭さなく見られるかも。私もまた見たいなぁ。
『グッドワイフ』のイーライ・ゴールド役アラン・カミング主演の『チョコレートドーナツ』というドラマ映画も、めっちゃイイですよ。こちらの作品も、もう一度見たいです。舞台は1979年のカリフォルニア。実話を元に製作された物語です。

| | Comments (0)

復讐劇と仕事納め

ドラマ『リベンジ』のアマンダとダニエルが、今月半ばにご結婚とはビックリ。女優エミリー・ヴァンキャンプと俳優ジョシュ・ボウマンの結婚式は、このドラマですでに見ていたから。そんなことを一人で驚いておりましたが、この話題で一緒に盛り上がれる知り合いがいなかったので、ここに書いてみました。このドラマ、もう何年も前に見たのですが、結構面白かった。シーズン1だけ、真田広之さんが出演していましたよ(シーズン2からケイリー・ヒロユキ・タガワさんに交代)。

シーズン4まで続く復讐劇なのですが、最後の方で主演アマンダの敵であるビクトリア (ダニエルの母)が、黒いトレンチコートにデニムという出で立ちで冬の浜辺に立つシーンがあるのです。それを見て、黒いトレンチかっこいいなと感心した。で、そんなことをずっと思い続けて、今年のシーズンオフ時のセールで濃紺のトレンチコートを購入(黒じゃないけど仕方なし)。この冬は、それを幼い頃から知る友人の娘に押し付け、むりやり着させているのでした。自分で着ろよ。

友人の子供たちも、昨年や今年の春から社会人になり始め、「ちょっと、そんなに早くに大人にならないで」と言ったら、「私もまだまだ子供でいたい」と返されました。お互い同じ気持ちなのに、そうも行かない冬なのです(冬に限るワケじゃないけど)。

そして、「冬に危ないんだよ」と、人から言われた腰の話。10日くらい前に、軽いギックリ腰になりまして、なんか痛かった。初ギックリ腰。軽かったので生活には支障というほどの支障もなく、普通に動いて暮らせていました。しかし、弱った腰がもっと重篤な状態になってはいけないと少し気を使って毎日を送っています。衣類に貼るカイロを使って温めたり、腰に負担がかかりそうな姿勢や動きに注意するなどです。今ではすっかり治っているけれど、そのためうっかり忘れてギクッとやらないよう、貼るカイロは引き続き貼り続けている。

そんな腰なので無理しないように大掃除も控えめです。お正月の準備は手付かずです。というか、本日やっと仕事納め。8月に仕事その2が増え、9月に仕事その3が増え、3人分を頑張ってやったなぁと思う。本日、仕事その1が終わりまして、来月から別に仕事4がスタート予定。目まぐるしい。仕事4も早く慣れて、売り上げアップの記録更新を狙えるようちょっとだけ頑張ろう。

ところで、仕事納めの日は16時近くから納会もある職場なのですが、私は業務がありほとんど出たことがない。私のデスクは、鍵のかかった部屋にあり、そこには30名ほどのメンバーがいます。隔離された部屋なので、あまり廊下や隣の部署などの気配が分からないのですが、17時くらいになると良い気分になった納会に出ていたメンバーが戻って来たり、他部署の方々が挨拶にいらしたりで、超面白かった。頼んでもいないのに、納会会場から台車でお菓子やビール、ジュースなどを大量に持って来てくれたり、「そんなにオレをジジイ扱いするなよ」とか「ガンプラ、最高」とか「ポール牧」と言いながら指パッチンしたりとか、話の流れなどまるでない無茶ぶり激しい酔っ払いが現れて大笑いでした。でもクライアントさんからの電話中に、近くでふざけられるとウルサイですけどね。

同じくお仕事納めだったみなさまも、そうでないみなさまも、お疲れ様でした!


 

| | Comments (0)

O号の味 大根と鶏肉の煮物

大根と鶏肉の煮物

今年も残り10日を切りましたわねー。コワイ、コワイ。時間が過ぎるの早すぎて、コワイ。

そういえば8〜9月ごろ、仕事にうんざりしておりましたが、今ではすっかり慣れて「もっとお仕事くださいよ、クライアントさん」と思っているほど。先月は売り上げを更新して、 これまでの一番になりましたよ。やったー!! 今後もがんばりたいです。

さて、写真は大根と鶏肉の煮物を作り始めたところの1枚です。子ども時分、O号宅に住んでいた頃、このおかずが大好物でした。私にとっては、O号のおふくろの味。シンプルだけど美味しい一品です。写真は煮込み始めの頃ですが、そのうち大根に味が染みてきて、大根もお汁も黄金いろのきれいなお料理になります。今回はお汁を多めにして、汁物としていただきました。それも、なかなかイイ!


| | Comments (0)

酸っぱ飯

ザ・酸っぱ飯っス

すでに12月っス。お久しぶりっス。関係ないけど、ザ・酸っぱ飯っス。カレーじゃないっス。でも、何かはわかならいっス。あえて言うなら、酸っぱ飯。
カレーのように見えるモノは、デミグラスソース系で、どちらかというとハヤシライスに近いです。さらにもっとビーフストロガノフに近いので、酸っぱいのです。酸っぱい理由は、トマトとサワークリーム、そしてケーパー。酸っぱくさせようと思って作ったに違いない、ザ・酸っぱ飯っス。

作り方は簡単。簡単じゃないことなどないほど、私の料理はいつも簡単っスね。さぁ、いきますよ。ひき肉とタマネギみじん切り、薄くスライスしたマッシュルーム、1センチ幅にカットしたナスを炒めて、塩コショウで軽く味付けします。火が通ったらローリエを入れ、トマトの水煮缶詰っぽいもの(冷凍トマトとか)と、市販のデミグラスソース缶を入れて煮ます。水分が少なそうならお水を足してください。コンソメとかチキンのキューブを入れて、弱火でコトコト煮ます。

お時間があれば、いったん火を止めて放置。冷めたら、また火を入れて温めます。温まったら生クリームを入れて、一煮立ちさせます。お時間がない場合は、冷まさず生クリーム投入でOKです。それで完成。盛り付けの時に、ケーパーを散らし、サワークリームを添えれば、しっかりとした酸っぱ飯用のソースが完成です。写真のライスに振りかけられているものは、乾燥タイムです。まばらですけど、こんな程度が適量です。

乾燥タイムって、なんだかアレと聞き間違いしそうですね。ドライタイムと言ったほうが良かったでしょうかね。


| | Comments (0)

« November 2018 | Main | January 2019 »